講師紹介

講師紹介

考学舎の講師を紹介します。

坂本聰

坂本 聰  (さかもと さとし)
プロフィール

1972年生まれ。B型。
一橋大学商学部卒業後、システム開発会社に勤務。
1999年、退職と同時に子供たちの『能力』を伸ばせる学校以外の学習の場として考学舎を開設。多くの国語のプロフェッショナルから教わった技、ベルギー・フランスでの母国語の教え方・自分で考えた技を各生徒に最適な形で提供する。

2016年12月、『国語が得意科目になる「お絵かき」トレーニング』を上梓。

好きな食べ物 うなぎ・麺類 でもほとんどなんでも好きです!
嫌いな食べ物 納豆・唐辛子の入ったもの
趣味 オーケストラでバイオリンを弾くこと(5歳から続けています)
山を歩くこと・ダイビング・温泉に行く・食べること・旅行
特技 いくら食べても太らない...(よく、うらやましがられます)
人の話を聞くこと
メッセージ

私自身、学生時代は国語なんて出来るようにならない、勉強しても無駄。と思っていました。

今思うと、考えているつもりでも、自分だけの感覚で、登場人物も状況も無視してその一部分の言葉だけを拾って本を読んでいたんだなあ、ということが分かります。もしかして、周りの人に対する態度も同じだったのかもしれません。

高校時代にベルギーに1年間交換留学という形で滞在し、現地の高校に通ってそれが変わりました。そのころは少しでも授業についていくべく試行錯誤でフランス語を勉強したものでした。

後から考えるとこれが私の「考える力」を養ってくれたようです。帰国後は、フランス語だけではなく、国語の評価もあがりました。
そして何より、本を読むことが楽しくなり、また、人と関係する事が楽しくなりました。

具体的には何をするとそうなるのか!?
少しでも興味をお持ちになったら考学舎へどうぞ。

子供でも大人でも、国語力は結構大切なものです。
それがコミュニケーション力の基礎にもなるし、自律の元にもなります。

考学舎でお会いできることを楽しみに...

金澤 秀俊  (かなざわ ひでとし)
プロフィール

1977年生まれ。B型。
成蹊大学文学部を卒業後、私立高校に赴任。
その後、家庭教師、児童養護施設の指導員を経て、考学舎の講師となる。学習指導だけでなく、全寮制高校での生活指導、進路指導、家庭に問題を抱えた児童の支援、ご家庭での教育相談など、子どもに関するさまざまな経験を積んで現在に至る。「子どものエキスパート」として生涯を通して働いていくことが目標。

好きな食べ物 お米・豆腐・納豆・ラーメン
嫌いな食べ物 なんでも感謝していただきます。
趣味 音楽・読書・自転車・スポーツ・部屋の片付け
特技 収納・大食い(そしてしっかり太る)・たとえ話を用いて説明をする
メッセージ

中学卒業までは優等生、高校入学と同時に学校の成績はガタ落ち。
でも、中学までの勉強よりも、高校以降の勉強の方が面白かったです。
それは、時間をたくさん費やしてでも「理解をする」ということが大切だとわかったからです。

中学生までは、理解をしていなくても成績がよければ「できている」と安心していました。
高校生になって、ある哲学者から「まずは疑ってみる」ということを教えられました。
そこで気付いたのが、自分は成績はよくてもなにも理解をしていなかった、ということです。
そして、それまで積み上げたもの(construct)を一度壊し(deconstruct)、再び土台を作り直す(reconstruct)という勉強をするようになり、明確な理解を得ることができるようになりました。

生徒の皆さんの「わからない…」を「わかった!」へと導くために、全力を尽くす毎日です。
一緒に悩み、理解できたときの喜びを一緒に分かち合いたい…と願っています。

田篭宏美

田篭 宏美  (たごもり ひろみ)
(※産休・育休中)
プロフィール

1983年生まれ。B型。
福岡県にある西南学院大学を卒業後、マーケティング会社に勤務。
その後、人がよりよく生きていくためのサポートをしたいとの思いで心理学やカウンセリング、コーチングを学ぶ。
自分とつながり、誰かとつながり、社会を形作っていく上で、「言葉」という道具を味方につけることの重要性を
日々実感しつつ、自らも修行中。

好きな食べ物 季節の新鮮な野菜と果物(農家育ちですから!)、わらびもち
嫌いな食べ物 ありません!
趣味 掃除、ヨガ、絶景に浸ること
特技 整理整頓、気配を消すこと
メッセージ

私は学生時代、何のために勉強をするのかわからないまま机に向かっていました。
だから、いつも母親とは喧嘩ばかり。「早く勉強しなさい!」と「うるさい!」がお互いの合言葉のようになっていました。
完全に、やらされている勉強だったのですね。

でもある時から、自分の意思で勉強するようになったのです。
それは、「何のために生きるのか?」という問いと、それに対する自分なりの答えを持った時から・・・。

自分で問いを立て、その答えを考えるには“言葉”という手段が必ず必要となります。
国語力というのは、このようなところでも役立っているのですね。

国語力を身に付けるということは、一生ものの生きる力を手に入れる、一つの大切な方法です。
そんな宝物を、ぜひ考学舎で一緒に学びませんか!?

中村 侑介  (なかむら ゆうすけ)
プロフィール

1986年生まれ。B型。
早稲田大学院 応用化学専攻にて燃料電池材料の研究を行う。卒業後、生命保険会社の投資部門に4年間勤務。
退職後、1年間ソーシャルビジネスを学び、考学舎に至る。
小学四年生のときに教師を志して以来、学ぶことの意味・本質を意識しながら、個々人の見え方・感じ方に合わせた教育を考えている。世界の誰もが、学ぶこと・教えることを生活の一部に捉え、社会全体で子どもを育てる文化の形成を目指す。

好きな食べ物 体に良さそうなもの、辛いもの(一口目)
嫌いな食べ物 体に悪そうなもの、辛いもの(二口目以降)
趣味 カラオケ・読書・旅行・食べ歩き・節約
特技 いくら食べても太らない(よく、心配されます)
あらゆる物事を分析的に捉える(嫌がられます)
メッセージ

私は、今も昔も”勉強”(勉め強いること)が嫌いです。でも、学ぶことは昔から大好きです。

私の親は、学業成績にあまり関心がなく、勉強しなさいと言われたことは一度もありませんでした。
その結果、小さいうちの成績は酷かったようですが、小学校高学年から急に成績が伸び、
中学校3年生の時にはウキウキと塾に通い、第一志望の高校に進学することができました。

急に勉強ができるようになったのは、次の2つの効果で、学びの姿勢と力が身についていたからだと考えています。

まず、学びを“勉強”として強制されなかったことです。強制されなければ、学びを嫌なこととして認識しないため、好奇心から学ぶ機会が失われず、自ら学ぼうとする姿勢が身につました。

そして、勉強する代わりにたっぷりと遊んだことです。親や友達とおしゃべりしたり、ごっこ遊び・鬼ごっこ・読書・工作・お絵描きなど様々に遊んだりする中では、自ずと、話す力・豊富な五感感覚・考える力が鍛えられ、学び深める力が身につきました。

私は幸いにして学ぶことの楽しさを知ることができましたが、もし、学びが“勉強”(勉め強いること)になっていれば、学校の授業はとてもツラいものでしょう。
考学舎では、たくさんの「学ぶって楽しい!」の笑顔を見るために、生徒一人一人の個性に合った学び方を研究しています。
“勉強”はもうやめて、学ぶことを一緒に楽しみましょう!

無料体験授業

考学舎の授業を実際に体験できる無料体験授業を実施しています。
「自分に合っているか?」
「教室の雰囲気は?」
等、気になる方は是非一度ご確認ください。
 >体験授業申し込みフォーム 


講師からのメッセージ一覧